帯広の楓薬局

北海道十勝(帯広市・音更町)にある調剤薬局の「楓薬局」です。

社員からのメッセージ

伊藤 靖浩

薬剤師として、人として成長できる環境です。

書き物 服薬指導

 楓薬局に入社して、3年目になります。入社当時は、右も左もわからない状態でしたが、先輩方にいろいろ教えて頂き、少しずつ成長を感じる毎日を送っています。一つ一つの出来事が刺激で、辛いことも嬉しいこともありますが、勉強になることばかりです。患者さんの様子を伺い、何を求めているのかを読み取り、それに応えることは難しいですが、患者さんから感謝や信頼された時は非常に嬉しいです。
 また、昨年から施設へ訪問活動もしています。施設に何度も行くうちに、利用者さんと仲良くなり、「また来てね」と言われることもあります。外来調剤業務とは違うやりがいを感じ、大変楽しい仕事です。
 まだまだ勉強不足ですが、楓薬局で働いて薬剤師として、人として成長し続けたいです。
 一度、見学にいらしてください!成長する自分を感じ取ることができます。

宇野 真史

帯広では珍しい「在宅業務」
必要とされていることを実感

調剤業務 在宅業務 薬を分ける作業

 大学卒業後、調剤薬局のいくつかと病院を経て、現在楓薬局に勤めさせていただいています。
 楓薬局は帯広では珍しく在宅業務を行っていて、現在その担当をさせていただいています。
 学生さんへの話しになりますが、"療養管理指導"と名前が付いていますが、実際の現場は服薬支援の他に、世間話や日常の細々した雑用のお手伝いなど、生活支援といった方がいいかもしれません。ケアマネさん、ケアさん、看護師さん、医師などと連携を取りつつ(教えてもらうことの方が多いですが)、その患者さんのQOLを維持していくというのは、かなりやり甲斐を感じます。ただ、その分苦しく悲しい仕事でもあると思います。
 この仕事は、患者さんの命を維持することだけではなく、僕らの役割はその最期に至るまでの時を、可能な限り穏やかに、安らかに過ごしていただけるよう、プラクティカルに、メタフォリカルに、一緒に歩んでいくことだと考えています。
 在宅を始めたばかりの頃、"調剤薬局の在宅に関する権威"と言われる方にある質問をさせていただいたのですが、その返答の中に「主治薬剤師」という言葉がありました。僕にとって、これはかなり重いものでした。それだけ責任も大きい、と。相当の覚悟が必要だなぁと感じました。
 帯広では在宅業務を行っている薬局(薬剤師)はまだ少なく、薬剤師の居宅療養管理自体が周知されていません。実際、患者さんの担当のケアマネさんに初めて電話したときはほぼ必ず「それ(居宅療養管理指導)何ですか?」と訊かれます(そもそも"薬剤師"って何をしているのか分からない、という方も多いかもしれませんが)。必要ではあるはずなのに、知られていないので必要とされていない、という感じで、もう少し積極的に啓蒙活動する必要があるかなぁと考えています。なので、在宅業務に興味のある方(仕事って好むと好まざるとに関わらず「必要」だからする訳で、「興味」があるからする、っていうのはちょっと違うよなぁと思いますが)、一緒に拡めていきませんか?

岡本 恒美

将来、「仕事」と「出産・育児」の両立を考えている皆様へ

調剤業務 スタッフと

 私は楓薬局に入社してから、結婚、出産、育児を経験しています。
 私が薬剤師になろうと決めた理由の一つに、出産のために仕事を辞めても、再就職に困らない仕事だと思ったからです。けれど、子供に手がかからなくなってから再就職を望んだ時、はたして正社員として働けるのだろうか?という不安もありました。(高齢出産ということもありました)
 家族と相談し、産休のみで仕事に復帰することを選択しました。会社側も快く希望を取り入れて頂き、子供と過ごせる時間を考慮して、店舗異動もありました。
 子供が小さいと突然体調を崩すことや、保育所の行事など、休みを頂くこともあるのですが、そのような時も極力希望をかなえくださいます。日頃の子供の寂しさは、働いているのでしょうがないと思いますが、子供に親が必要な時は、一緒にいれる環境を考えて頂き、とても感謝しています。

店舗情報

業務紹介

採用情報

▲ PAGE TOP