帯広の楓薬局

北海道十勝(帯広市・音更町)にある調剤薬局の「楓薬局」です。

調剤業務

調剤作業

 シグマシステムのレセプトコンピュータ、トーショウの調剤機器等を駆使し、スピーディーで正確な調剤を実施し、患者さまの待ち時間短縮に努めています。
 また、ただ早いだけではなく、患者さまのニーズに合わせたオーダーメイドの調剤を行っています。(完全分包・縦割り粉砕・ホチキス止め・投薬カレンダーの活用など)その他にも、二次元バーコードによる処方箋入力や、オンライン分包機による調剤、電子薬歴による薬歴管理など、正確でスピーディーな調剤業務を心がけております。

外来での服薬指導

服薬指導の風景

 楓薬局では、安心して正確にお薬が服用できるよう、患者様個人に応じた調剤をしています。
 例えば、薬の種類がたくさんある方には、一回分ごとの薬をまとめる方法(一包化調剤)や、小さなお子様が苦い薬でも飲みやすいような工夫など、まず患者様の声を聞き、薬学知識にもとづいた、きめ細やかな対応をしております。

在宅医療・施設での活動

在宅医療・施設での活動の風景

在宅医療・施設での活動の風景

 楓薬局では、当初より在宅医療に取り組んでいます。ケアマネージャーや訪問看護ステーションなどと連携し、通院困難な方や、お薬の管理に不安のある方を対象に、薬剤師が患者様のお宅へ訪問して、服薬環境を整える仕事をしています。主治医には患者様の情報をフィードバックして、薬の効果や副作用などについて、薬剤師としての意見も発信しております。
 
 また、高齢者施設にお薬を届け、入所患者様の服薬に関する情報交換を看護師と行っております。
共に、外来では味わえない充実した業務です。

勉強会・ミーティング

勉強会・ミーティングの風景

 学会出席(順番に代表者が出席)、DI担当者が情報収集、メーカー説明会、講習会等皆で情報を収集して回覧や勉強会にて情報を共有し、皆で常に向上を目指して取り組んでいます。
 また、ミーティングにおいて業務の見直しや医療機関としての薬局のあり方について活発な意見交換がされています。同時に、医療過誤に関しても積極的に取り組んでいます。

楓薬局の業務ポリシー

接客風景

患者様とのコミュニケーションを
大切にしています。

 私たち楓薬局は、医療人として、患者様や医師に信頼される薬局を目指しています。
 そのためには、優しさや暖かさをもって接客し、患者様の立場に立って、痛みや苦しみを共に感じられることが一番大切であると考えています。
 また、地域の方が気軽に立ち寄れ、なんでも相談できる環境を整え、患者様に選ばれる「かかりつけ薬局」になれるよう目指しています。

明るく笑顔のスタッフ、経験豊富な薬剤師
明るいスタッフ

 スタッフは、いつも笑顔で接客するよう心がけています。ご近所の方が散歩がてらに立ち寄り、薬局のスタッフと談笑することもよくある光景です。
 また、薬剤師は病院薬局経験者や製薬会社経験者など、様々な経験を積んだベテランが多く、色々な目線から患者様の相談を聞くことが出来ます。

店舗情報

業務紹介

採用情報

▲ PAGE TOP